ボディカラーリング、5日間の色合い変化について

 

人気のボディカラーリングメニュー:ブラジリアン

当タンニングサロンで一番人気のボディカラーリングの
ブラジリアンですが、お電話で最も多く頂くのが、
「どれくらい色が持続しますか?」というご質問です。
なかなかお電話でお伝えするのが難しいので、
今回はわかりやすく施術後の色合いを、初日、3日後、
5日後に分けて、色の変化を実際にご紹介いたします。
なお、色合いに関しては実際のカラーとできる限り同じに
なるように撮影していますが、多少の違いがございます。
また、色の落ち具合はお客様の生活環境によっても大きく
変わります。
参考までに、今回はブラジリアンをカラーリングし、
翌朝(約12時間後)に初めてシャワーを浴びています。
市販のボディソープで軽く全身に泡立てて洗っています。
毎日はシャワーを浴びています。特に普段の生活で
汗ばむようなことはしておりません。
まずこちらはカラーリング前の状態です。
ボディカラーリング

 

ボディカラーリング初日

エアブラシによって、ムラのないようにカラーを
スプレーしていきます。女性であれば全身30分
程度でカラーリングできます。男性の場合、
施術前に(ご来店前に)体毛の処理をお願いしております。
体毛がそのままの場合はムラになりやすくなります
のでご注意下さい。
こちらはカラーリング1時間後に撮影しました。
完全に乾くまで2〜3時間程度はかかります
(その日の天候によっても変わります)ので当日は
あまり明るい色のお洋服はご遠慮された方が
よろしいかと思います。
ボディカラーリング 初日

こちらの色は、タヒチアンダンスやハワイアン
フラダンスをされる方に非常に人気の高く、
当サロンで最も色合いの濃いカラーリングです。
真夏になると、一般の方にも人気が高くなってきます。
ハワイアンの場合はこれよりももう少し赤みが強くなり、
サンシャインだともう少し明るい色になります。
なお、フェイシャルのカラーリングも可能ですが、
ボディーに比べて時間とともにムラになりやすいです。
また、セルフタンニングローションなどでタンニングした
時と比べても、エアブラシによるタンニングの方が
色ムラはございません。

 

ボディカラーリング3日後

普通の生活をして(特に汗ばむようなことはしていません)、
3日が経過した時の色合いです。
撮影箇所はなるべく同じウエスト付近を意識しておりますが、
多少のズレがございます。ご了承ください。
ボディカラーリング 3日後

初日にくらべて少し色が落ち着きました。実際よりも少し
オレンジっぽさが強く出てしまっていますが
濃さはほぼ同じです。このくらいの色合いが、もっとも
自然に日焼けしたの時の肌の色に近いです。
ボディカラーリングは通常の日光浴による日焼けや、
日焼けサロンによるタンニングのように
メラニン色素に影響はないため、シミやソバカス、
乾燥によるシワなどのダメージはございません。

 

ボディカラーリング5日後

5日経過した時の色合いです。まだ多少カラーは残っています。
この段階ですと、場合によって色ムラになっている箇所もある
場合がございます。より、色を持続させたい方は、3日後に
繰り返しカラーリングすることをお勧めしております。
ボディカラーリング 5日後
この段階ではお洋服に色が付いてしまうようなことは
もうございません。通常ボディカラーリングを
おこなってから7日前後で元のお肌の色に戻ります。

ボディカラーリングのメニューは→ボディカラーリング メニュー

Facebookやツイッターで情報の掲載、シェア、
お写真のブログへの掲載をご了承頂いた方には
初回のカラーリング料金を5000円でご提供させて
いただきます(全色共通)。
なお、当タンニングサロンは完全予約制となります。
当日予約も可能ですのでまずは
お問合せください。(当日の場合はお電話ください)

ボディカラーリングスタジオ
「タンニングサロン」
東京都板橋区向原2−7−7
リエブレビューティースタジオ内
03-5965-6567
info@liebrebeauty.com

有楽町線・副都心線で池袋から6分
小竹向原駅より徒歩4分